キキカイカイ。

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類  

考える心、疑う心




2012年に行われたスパ4のエキシビジョンマッチ
ウメハラ(リュウ) VS Infiltration(豪鬼)のこの試合
キャラ性能的には豪鬼有利という見方が強かったが、
結果はVS豪鬼対策に万全を尽くしたウメハラ(リュウ)が10-2の大勝利となったのである


pso20150113_211510_001.jpg






スパ4は見るだけでやったことないんだけど
一般的、たぶん平均的キャラ性能は豪鬼の方が上なんだと思う
でも全部が全部有利なわけじゃなくて、条件さえ揃えばリュウが有利になる
そういう状況を作り出すことにウメハラが成功した、そこが凄いと思うのよね

世間一般の評価を疑い、キャラ性能を見直してどこで優位さを作るか
ま、それができちゃうのがプロゲーマーウメハラだからこそではあるとは思うけどもw

でもキャラが違えば当然強みも違うわけで
そういう部分に磨きをかけることで優位に立つ、ここには共感をおぼえましたね



PSUではGT(ガンテクター)という不遇職があった
遠距離の銃とテクニックを使えると言えば聞こえがいいけど
実際には器用貧乏、火力は乏しくPTのお荷物としてしばしばネタになるような職

私はその不遇具合に好感をおぼえてよく使ってましたw
もちろん火力では勝負にならないのだけども
使える武器が多いのとトラップが豊富に使えるのが強みだったと思うのよね

弓PAのマセイソウはダウンも取れるし麻痺もつくし
カードは自動追尾で射撃の効く相手にはそれなりの火力
マシンガンもエネミーを無力化できる力を秘めてた
トルダンで吹き飛ばしが有効な場面もあったし
クロスボウは状態異常入れる手段としては有用だった
補助テクも本職がいない状況ならありだし
攻撃テクも選べば火力はなくともPT貢献する手段としての選択肢にもなった

一時期GTが流行った時期もあったのだけど
そういうジョブ特性を活かしきれてないGTを見るたびにモヤモヤしたっけw
S4という最高難易度が実装されてからはさすがに手数だけでは補いきれない弱職になってしまったけども><


PSO2もEX、Ultが実装されて単純火力だけではなくなったと思う
DPSもTotalで、それもPT全体としてどうあげられるか
そういう視点で見る必要がでてきてるように思う


その職を活かすも殺すも自分次第
不遇を嘆いたり非難するのではなく、どこで活路を見出すか
そこにプレーヤーとして成長があるんじゃないかなー

そしてそれは自分以外でも一緒
一般的に言われる不遇なキャラ、職を使っている理由を考えもせず
やれ寄生だお荷物だと言うのは自分自身の成長を止めてしまう気がする
既成概念に捉われず、相手をみて盗めるものは盗もう、そういう貪欲なプレイヤーであり続けたい



なーんてことを
やれ弱職はくるなとか寄生だこいつとか言う輩を見て思うプリンさんでしたw


あ、でも寄生根性はだめぜったいっ



スポンサーサイト

Newer Entryゆっくりプリン

Older Entry帰っていたプリン

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。